カードローンは用途が自由

返済をしやすい借り入れを行うことが大事

カードローンは借りるだけでなく返済を考えて利用をしなければならず、そのためには金利の負担はもちろんですが毎月の返済金額や、完済に至るまでの最終的な返済金額もしっかりと見ておかなければなりません。

 

毎月の返済額も最終的な返済の金額も、金利が高ければ多くなり金利が低ければ少なくなると単純に考えている方も多いですが、実際にはそうではありません。それぞれのカードローンでの返済条件による部分や、自身の利用状況によっても変わってくるのです。

 

例えば金利が低かったとしても、例えば毎月の返済金額が少なく完済までの返済期間が長いカードローンがあるとすれば、一月あたりの返済額は少なくても返済期間が長くなるために最終的な返済金額は膨れ上がります。逆に毎月の返済金額が大きく、完済までの期間が短ければ、多少は金利が高いとしても完済までの返済総額は少なくなるのです。

 

そのあたりはカードローンの初心者にはあまり知られていない点で、特に一回あたりの約定返済金額に関しては軽視されがちです。約定返済金額が小さければ任意での返済を進めれば良いのですが、返済額が少ないとそれだけで満足してしまう方が多いのも事実のため、なかなか任意での返済がされないのです。

 

もし今の借り入れがそのあたりをしっかりと見ずに契約をしてしまっているとしたら、返済の負担が軽くなるカードローンへの借り換えの利用を考えてみると良いでしょう。金利の負担にしても最終的な返済金額にしても、今の借り入れよりも軽くなるのであれば借り換えは有効です。